SimCity 4 for Macintoshの動作環境について

SimCity 4(無印) SimCity 4 Rush Hour(拡張版)
公式必要動作環境 (推測)動作環境 公式必要動作環境 (推測)動作環境
OS Mac OS X 10.2以降 Mac OS X 10.2.8以降
CPU 500MHz以上 PowerPC G4 1Ghz以上 PowerPC G4/G5 700MHz以上 PowerPC G4 1.2GHz以上
メモリ 256MB以上 768MB以上 256MB以上(512MB以上推奨) 768MB以上
HDD 1GB以上の空き容量 2GB以上の空き容量
グラフィック Quartz Extreme対応ビデオカード VRAM32MB以上 VRAM64MB以上 VRAM32MB以上 VRAM64MB以上
CD-ROM 表記なし 8倍速以上


考査
公式の必要動作環境は本当に動作するギリギリのスペックです。
その環境ではSimCityの環境設定で様々な画面のエフェクト効果を「低」にすればなんとか出来る程度であり、
動作しても処理の時間が非常にかかり、ストレスも溜まりますのであまりプレイはおすすめできません。
横に私の推測での動作環境も参考程度に書いておきますが、これでも微妙なところだと思います。

私の経験からすると、まず重要なのがCPUの性能、次にグラフィックカード。
SimCity 4は演算処理が非常に多いので、まずCPUの能力が重要です。
そして3Dグラフィックなので、グラフィックカードもかなりのものが必要。
メモリは768MBぐらいあれば、それ以上の増設はそこまで重要ではないと思います。
しかしMacintoshのハードでスペックの拡張性に富んでいるのはPowerMacシリーズやMacProしかなく、
iMacやiBookなど、小型のハードやブック型ではほとんど拡張できません。
さらに最近までのMacハードは比較的弱いグラフィックカードしか搭載されていなかったこともあり、
PowerPCシリーズで満足にプレイの出来るハードは後期型のiMac G5やPowerMac G5ぐらいしかなく、
Intelシリーズでは、UB化アップデートパッチが未だに出ていないので
「Rosetta」を通して起動する必要がありますが、そうすると旧型のハードよりも動作が鈍くなることがあるようです。

ブック型はスペックの拡張はほぼ不可能。iMacもメモリ程度しか交換できません。
グラフィックカードが交換できるのはPowerMacシリーズやMacProのみのようです。

ちなみに私のハードは初期型のiMac G5でグラフィックカードが弱く、動作を遅くする原因になっています…。


他の情報はSimCity4@macか、MGJSHOP内部のSimCity4SimCity4 RHへどうぞ。


トップページへ